このページの先頭へ

「宇宙の大法則」をビジネスに活用するには?

「宇宙の大法則」をビジネスに活用するには?

 

 

売上を伸ばす人は活動時間の2割を自由時間にあてている。

 

 

自然界には「8対2の法則」が存在していることをご存知ですか?

 

 

空気中の成分は窒素8割に対して酸素・その他が2割

 

人間の体は8割は水分、その他が2割

 

アリのコロニーでは、働くアリ8割に対して働かないアリが2割
働かない2割のアリを取り除くと、やはり残ったアリのうち2割は働かなくなってしまう。

 

元マクドナルド会長の藤田氏は、こういった法則を「宇宙の大法則」と呼んでいました。
そして、藤田氏はこの法則をビジネスに活用していました。

 

藤田氏は起業当初、2割の富豪層を狙って宝石を扱っていました。
しかし、どこの百貨店も高額な宝石は売れないと言って断ってきたのですが、
それを説得して店頭に並べてもらったところ、結果的にはすべて売れてしまったのそうです。

 

 

人数で言えば富豪層は2割かもしれませんが、持っているお金の量で言えば全体の8割。
それなら富豪層を狙えば良いと考えたのです。

 

これは、イタリアの経済学者・社会学者であるパレート氏が唱えた「パレートの法則」として知っている人も多いかもしれませんね。

 

・売上の8割は、顧客の上位2割が生み出している。

 

・売上の8割は。商品のうちの2割の品目によって作られている。

 

・仕事の成果の8割は、費やした時間の2割の時間が生み出している。

 

・故障の8割は、部品の2割に原因がある。

 

などといったことが言われています。

 

 

ビジネスを行なう上では、この法則を意識して活用したいところです。
たとえば、月の売上が100万円なら、20万円を広告費に使います。
これば、売上に占める広告費の標準的な額です。

 

売上を伸ばしたいなら、上位客2割に対するサービスを考えます。
全顧客に対するサービスを行なうよりも、効率よく売上をアップさせることができます。

 

80分間仕事をしたなら20分休むというのもいいと思います。
仕事の時間すべて集中するなんて出来ませんよね。

 

無理して集中しようとしても返って効率が悪くなります。

 

 

僕は、この8対2の法則をビジネスや日常生活に取り入れています。
中でも大きな成果を出しているのは、1日の活動時間の2割を自分の好きなことにあてるというやり方です。

 

たとえば、1日に10時間活動するなら、8時間は仕事の事を考えています。
とは言っても、8時間の間ずっと仕事をしているわけではなく、ネットニュースを見たり本を読んだりしていますが、頭ではアンテナを張って、仕事のことを考えるようにしています。

 

残りの2時間は、仕事のことは考えずに好きな事をしたり映画を見たりして過ごしています。
そのおかげで、新たなアイデアが浮かび、8割の時間にいい影響があります。

 

 

そういえば、グーグルは勤務時間の2割の時間を自分の好きなことにあてていいという
「20%ルール」によって Gmail や Google News などのサービスを生み出したことでも有名ですね。

 

 

イノベーションは、2割の自由時間から起こるのかもしれませんね。
また、2割を好きなことにあてるからこそ、ビジネスを長続きさせられるのだと思います。

 

2割のアリが遊んでいるのも、コロニーを継続させるために必要な事なのでしょうね。

 

この宇宙の大法則をあなたの1日の時間にあてはめてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 


関連ページ

時間が無いという人ほど損をする?
サラリーマンは、自分の大切な時間を対価に変えているのに、気が付けば他人のために自分の時間を捧げている。
他力本願からの脱出
同じ先生同じ教材(ノウハウ)を 使用しても、成功出来る人と出来ない人が います。その決定的な違いは
ユーチューバーよりリスク少ないよ
最近の小学生の将来なりたい職業に 「ユーチューバー」がランクインしたと聞いて驚きました。しかし、ユーチューバーはネットビジネスの中のひとつのジャンルに過ぎません。他にもアフィリエイトやせどり、情報教材販売などもネットビジネスに含まれますね。
あなたのブログの目的、一目で分かりますか
あなたのブログの目的、一目で分かりますか? ブログのテーマは、その訪問者がブログを見たときに、内容を理解し、利用したいと思う理由をまっすぐに即座に伝えるものでなければなりません。
知識や経験を換金するには実は○○がとても重要
あなたは今までに「投資」をしたことがありますか。 株や証券、土地など、投資を言っても様々ありますね。 新しい物ではビットコインなどの仮想通貨も投資に含まれるのかもしれません。
諦めそうな時に読んで下さい。
僕も、ネットビジネスをしていると諦めそうになる時<はあります。ビジネスを始めたばかりの頃はとくに多く、そう思うものです。ビジネスを始めたばかりの頃というのは、今諦めても、「まだ戻るところがあるので大丈夫。」と思い、せっかく乗り掛かった舟を降りてしまいます。
ビジネスを長続きさせるヒントは漫画にあった?
僕がネットビジネスを教えた人たちを見ていても、順調に業績を伸ばす人は目標設定をしています。つまりゴールを設定をしているという事です。ただし、長続きする人は途中の段階から「サザエさんパターン」になっていきます。
壁を超える方法
人は誰でも、新たな挑戦へ一歩を踏み出す時に「恐れ」が生じます。想像や計画の段階ではワクワクしていたのに、いざ実行しようとするとなかなか踏み出せません。
モチベーションの低下を防ぐアドバイス
新たな目標を決めた当初は「やってやるぞ!」と気力に満ち溢れ、疲れも感じないような状態になるものです。しかし、その状態は残念ながら長くは続きません。モチベーションは下がってしまい、そのまま回復しない事のほうが多いです。
記事のネタに困らない方法
いいネタを出すには、常にアンテナを張って情報を集め、それをアイデアに変えていく。僕はネットビジネスに関するブログ記事を日々書いてはブログの更新を行なっています。僕はブログ記事でネタに困ったことはありません。なるべく質の高い、読み応えのある情報をお届けしたいので、1記事あたり1000字から2000字くらいで構成するように心がけています。
実はビジネスにとても重要?右利き左利きの不思議
アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピカソ、ベートーベン、ビルゲイツ、チャップリン・・・天才には左利きが多いと言われています。アメリカの研究論文には、大卒男性の場合、左利きは右利きに比べ給料が26%高いというデータがあったり、東大生の20%は左利き(全人口に対する左利きの割合は10%程度なので、およそ2倍)だと言われたりもします。
毎日、最も大切なことを1つ行なう
成果を出せる人とは、一つの事をしっかり完結できる人。限られた時間を効率よく使って仕事を進めるため、人それぞれ、いろいろと工夫をしていると思います。しかし、マルチタスクは逆に効率を下げるという話もあります。
あなたのブログ記事、実は○○されていない!?
ネットビジネスにおいて、ブログ記事とはいわばセールスマンです。つまり、記事を読んでもらえないことは、見込み客に門前払いをされたのと同じなのです。では、読者に最後まで読み進めてもらうためには?
ブログ訪問者の○○%は、実は記事を読んでいない!?
あなたが、相手の行動や心理状態を計算しながら作り、読めば確実に行動(購入や登録、クリックなど)をするように仕込んだ文章が、部分的にしか読まれていなければ・・・
あなたの記事に与えられた時間は○秒!?
ブログ記事の最大の目的は、記事を読んでもらうことです。そして、記事を読んだ人に行動をしてもらうことです。あなたは、記事の目的をはっきり理解していますか?僕が記事を書くときに一番悩むのが、第一段落です。
成功のカギは○○する力
あなたは今までに何かに挑戦して、失敗したことはありますか?人間なので、1度や2度の失敗は必ずあると思います。しかし、あなたはそこからもう一度挑戦をしましたか?実は成功のカギは・・・
投資額と利益の関係
人が投資を行なう理由の大部分は「自分へのメリット」です。さらに言えば、「お金」ですね。投資金額が大きければ利益も大きい。この関係は本当に成り立つのでしょうか?
成功に近いのはどっち?
世の中では、勉強や仕事、趣味など新しいことを始めるとき2タイプの人が存在します。ひとつはプロペラ機タイプ。もうひとつはジェット機タイプ。 あなたはどちらのタイプでしょうか?
僕がせどりを辞めた理由
ネットビジネス初心者が初めてでもチャレンジしやすいジャンルに「せどり」がありますね。 いわゆる転売ビジネスです。 僕も、この世界に飛び込んだ時に、最初に挑戦したのが「せどり」でした。コツを掴むまでは、なかなかうまくいきませんでしたが、それでも、月に数万円は稼いでいました。
物販アフィリエイトに人の○○を利用する。
人は皆、出来るだけ楽をして生きたいと思っています。 誰も好き好んで苦労をしたいとは思いませんよね。この心理はビジネスに利用することが出来ます。

 
トップ 人生を取り戻すヒント プロフィール 初心者のために 無料メルマガ講座