このページの先頭へ

あなたのブログ記事、実は○○されていない!?

あなたのブログ記事、実は○○されていない!?

 

 

ブログの中でもっとも重要と言ってよいものが「記事」です。

 

あなたのブログ記事は、読者に最後まで読んでもらえていますか?

 

 

実はあなたのその記事、最後まで読まれていないかもしれません。

 

 

・ネット上に無数にあるブログの中から、あなたのブログを選んでもらうには?

 

・訪問者の○○%は記事を読まずに見ているだけ

 

・記事を読むかどうかは○秒で決まる!?

 

 

今回は、訪問者にブログ記事を最後まで読んでもらうコツを3回に分けてお話したいと思います。

 

 

この記事の中には、とても重要な情報が多く書かれています。
 最後まで読んで、決してお見逃しの無いようにしてください。

 

 

 

第一回目は

 

ネット上に無数にあるブログの中から、あなたのブログを選んでもらうには?

 

 

ネットビジネスにおいて、ブログ記事とはいわばセールスマンです。

 

つまり、記事を読んでもらえないことは、

 

見込み客に門前払いをされたのと同じなのです。

 

 

では、読者に最後まで読み進めてもらうためには?

 

 

答えは簡単です。

 

 

「この記事の続きが気になる」

 

「それってどうゆうこと?」

 

「貴重な情報を知れた」

 

 

と思わせることが出来れば読者は記事を最後まで読んでくれるのですね。

 

 

それでは、インターネットで検索をしたとき、無数に出てくる検索結果から

 

あなたの記事を選んでもらいたいとき、あなたはどの方法が一番有効だと思いますか?

 

 

・SEO対策で検索順位を上げる

 

・検索ワードで件数の少ないワードを入れる

 

・見出しに読者の気になる言葉を使う

 

 

 

 

 

正解は「見出しに読者の気になる言葉を使う」です。

 

もちろん他の方法も間違いではなく、どれも有効な方法です。

 

 

しかし、SEO対策をして検索順位をあげても、
見出しに魅力がなければクリックをしてもらえません。

 

また、検索ワードを絞って、相手の目に留まりやすくしても、
結局、読者が判断するのは「見出し」です。

 

 

たとえば、すごくおいしいラーメン屋さんがあったとします。

 

そのラーメン屋さんは、中華街の入り口近くにお店を出しています。

 

しかし、味にはとても自信があるのに、看板には「ラーメン」の文字だけ。

 

周りには、「○○グランプリ受賞の××が作るラーメン」や

 

「○年連続金賞受賞の餃子」などの看板があります。

 

 

あなたはこのラーメン屋さんに入って食事をしたいと思いますか?

 

間違いなく、ラーメン屋さんの前を通り過ぎてグランプリ受賞や金賞のお店を選ぶでしょう。

 

 

 

 

 

これはインターネットでも同様なのですね。

 

しかし、僕がインターネットで見る限り、多くのブログはどれもただのラーメン屋さんです。

 

試しに、あまり見出しに惹かれないブログにアクセスをしてみると、
実は、記事の内容はとても良い情報が書かれていたりします。

 

 

もうちょっと工夫をすれば、もっと読んでもらえるのに、

 

さらに売り上げも上がるのになぁ・・と思ってしまいます。

 

 

ブログの「見出し」の重要性をお分かりいただけたかと思います。

 

 

いくらSEO対策をして、検索順位を上げてもクリックされない記事では意味がありませんね。

 

さらに、GoogleやYahooのアルゴリズムはいつ変わるかもわかりません。

 

時間をかけてSEO対策をしても、それが水の泡になってしまうかもしれません。

 

 

しかし、見た人がクリックしたくなるような「見出し」の記事であれば、

 

順位に関係なく、読んでもらえます。そして、アクセスの多いブログは

 

GoogleやYahooでも評価が上がり、放っておいても順位は上がってきます。

 

 

ブログを書く際には、「見出し」に力を入れてクリックされる記事を目指しましょう。

 

 

次の記事「ブログ訪問者の○○%は、実は記事を読んでいない!?

 

 

 

僕の無料メルマガ講座では、ネットビジネスで人生を取り戻すためのスキルや、
ここでは言えないようなテクニックやノウハウを公開しています。

 

こちらから参加できます。

↓  ↓  ↓

 

 

関連ページ

時間が無いという人ほど損をする?
サラリーマンは、自分の大切な時間を対価に変えているのに、気が付けば他人のために自分の時間を捧げている。
他力本願からの脱出
同じ先生同じ教材(ノウハウ)を 使用しても、成功出来る人と出来ない人が います。その決定的な違いは
ユーチューバーよりリスク少ないよ
最近の小学生の将来なりたい職業に 「ユーチューバー」がランクインしたと聞いて驚きました。しかし、ユーチューバーはネットビジネスの中のひとつのジャンルに過ぎません。他にもアフィリエイトやせどり、情報教材販売などもネットビジネスに含まれますね。
あなたのブログの目的、一目で分かりますか
あなたのブログの目的、一目で分かりますか? ブログのテーマは、その訪問者がブログを見たときに、内容を理解し、利用したいと思う理由をまっすぐに即座に伝えるものでなければなりません。
知識や経験を換金するには実は○○がとても重要
あなたは今までに「投資」をしたことがありますか。 株や証券、土地など、投資を言っても様々ありますね。 新しい物ではビットコインなどの仮想通貨も投資に含まれるのかもしれません。
諦めそうな時に読んで下さい。
僕も、ネットビジネスをしていると諦めそうになる時<はあります。ビジネスを始めたばかりの頃はとくに多く、そう思うものです。ビジネスを始めたばかりの頃というのは、今諦めても、「まだ戻るところがあるので大丈夫。」と思い、せっかく乗り掛かった舟を降りてしまいます。
ビジネスを長続きさせるヒントは漫画にあった?
僕がネットビジネスを教えた人たちを見ていても、順調に業績を伸ばす人は目標設定をしています。つまりゴールを設定をしているという事です。ただし、長続きする人は途中の段階から「サザエさんパターン」になっていきます。
壁を超える方法
人は誰でも、新たな挑戦へ一歩を踏み出す時に「恐れ」が生じます。想像や計画の段階ではワクワクしていたのに、いざ実行しようとするとなかなか踏み出せません。
モチベーションの低下を防ぐアドバイス
新たな目標を決めた当初は「やってやるぞ!」と気力に満ち溢れ、疲れも感じないような状態になるものです。しかし、その状態は残念ながら長くは続きません。モチベーションは下がってしまい、そのまま回復しない事のほうが多いです。
記事のネタに困らない方法
いいネタを出すには、常にアンテナを張って情報を集め、それをアイデアに変えていく。僕はネットビジネスに関するブログ記事を日々書いてはブログの更新を行なっています。僕はブログ記事でネタに困ったことはありません。なるべく質の高い、読み応えのある情報をお届けしたいので、1記事あたり1000字から2000字くらいで構成するように心がけています。
実はビジネスにとても重要?右利き左利きの不思議
アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピカソ、ベートーベン、ビルゲイツ、チャップリン・・・天才には左利きが多いと言われています。アメリカの研究論文には、大卒男性の場合、左利きは右利きに比べ給料が26%高いというデータがあったり、東大生の20%は左利き(全人口に対する左利きの割合は10%程度なので、およそ2倍)だと言われたりもします。
毎日、最も大切なことを1つ行なう
成果を出せる人とは、一つの事をしっかり完結できる人。限られた時間を効率よく使って仕事を進めるため、人それぞれ、いろいろと工夫をしていると思います。しかし、マルチタスクは逆に効率を下げるという話もあります。
「宇宙の大法則」をビジネスに活用するには?
売上を伸ばす人は活動時間の2割を自由時間にあてている。自然界には「8対2の法則」が存在していることをご存知ですか?・売上の8割は、顧客の上位2割が生み出している。・売上の8割は。商品のうちの2割の品目によって作られている。・仕事の成果の8割は、費やした時間の2割の時間が生み出している。・故障の8割は、部品の2割に原因がある。
ブログ訪問者の○○%は、実は記事を読んでいない!?
あなたが、相手の行動や心理状態を計算しながら作り、読めば確実に行動(購入や登録、クリックなど)をするように仕込んだ文章が、部分的にしか読まれていなければ・・・
あなたの記事に与えられた時間は○秒!?
ブログ記事の最大の目的は、記事を読んでもらうことです。そして、記事を読んだ人に行動をしてもらうことです。あなたは、記事の目的をはっきり理解していますか?僕が記事を書くときに一番悩むのが、第一段落です。
成功のカギは○○する力
あなたは今までに何かに挑戦して、失敗したことはありますか?人間なので、1度や2度の失敗は必ずあると思います。しかし、あなたはそこからもう一度挑戦をしましたか?実は成功のカギは・・・
投資額と利益の関係
人が投資を行なう理由の大部分は「自分へのメリット」です。さらに言えば、「お金」ですね。投資金額が大きければ利益も大きい。この関係は本当に成り立つのでしょうか?

 
トップ 人生を取り戻すヒント プロフィール 初心者のために 無料メルマガ講座