このページの先頭へ

持続力のを身に付ける方法

2019年に入って早くも3ヶ月が過ぎましたね。

 

新年号が「令和(れいわ)」と発表もありました。

 

平成も残り1ヶ月となりました。

 

平成最後と言うこともあってか、「今年こそは」と

 

今まで諦めていたことへ挑戦や新しいことにチャレンジしてみようと考える人も多いと思います。

 

・今年こそはダイエットに成功させてやる!
・今年こそは禁煙を頑張る!
・今年こそはビジネスで成功して自由になってやる!

 

目標を掲げて成功に向け努力を行なうことは、とても素晴らしい事です。

 

しかし、ただ漠然と目標に向かって努力しても長続きできない方もいらっしゃるでしょう。

 

いわゆる三日坊主と言うものですね。

 

 

今回この記事を書こうと思ったのは、年度替わりで新たな目標を決めるタイミングと言うこともありますが、

 

先日、僕のメルマガ読者のSさんからこんなメールが届きましたので、応援の意味も込めて書きました。

 

 

丹羽さん、こんにちは。

 

いつも勉強になるメールをありがとうございます。

 

私もブログやメールに勇気をもらい自由な生活に向けて行動を開始しました。

 

まだまだ未熟者ではありますが、ブログを始めて集客や運営を頑張っています。

 

(中略)

 

ですが最近、記事を書くことが苦痛に感じることがあります。

 

いつもモチベーションを高く保つように努力はしているのですが、

 

やる気が継続しなく、ブログの更新が滞ってしまうことがあります。

 

私の集中力や努力が足りないだけかもしれませんが、

 

ブログを継続するためのアドバイスを頂ければと思いメールを致しました。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

どんなことでも継続することは難しいと思います。

 

 

 

モチベーションを保つ方法については以前にも書きましたが、

 

モチベーションの維持と行動の維持は違い、「やろう、やろう」と思っていても思うように行動が出来ない場合もあります。

 

 

 

行動の維持の近道は習慣

 

ここからはなかなか持続することのできない物事を持続する方法について話しをしていきます。

 

 

たとえば、健康のために明日から「毎日10キロのジョギング」を目標にしたとします。

 

 

翌日は意気揚々とジョギングに出掛けます。

 

初日は久しぶりの運動に身体が悲鳴を上げていますが、

 

自分で決めた目標なので10キロを走り切ります。

 

 

 

2日目、朝から全身の筋肉痛と戦いながらジョギングへ出掛けます。

 

途中で何度も何度も足が止まり、「もう辞めようかなぁ」と思います。

 

しかし、始めたのでやり切ろうと思い何とか完走します。

 

 

 

3日目、痛みはさらに増してベッドから起き上がるのもやっとです。

 

ランニングシューズを履くことにすら、心理的な抵抗を感じるようになっています。

 

ため息をつき、始めたことを後悔しながら重い足取りで家を出ます。

 

一歩一歩がとても重く感じて、まるで全身に何十キロという重りを付けているかのようです。

 

昨日は走り切ることができた10キロが果てしない距離に感じます。

 

しかし、「何事も達成するためには頑張らなくてはいけない」と自分に言い聞かせて、

 

頑張って走り続けます。そしてふらふらしながら倒れ込むように帰宅。

 

その後仕事に向かうパワーはもう残っていません。

 

 

 

4日目、目覚ましが鳴っていますが布団から出ることができません。

 

ジョギングの習慣はここで終了です。

 

惜しくも3日で続けること出来なくなってしまいました。

 

 

 

この失敗の原因は何だったのでしょう?

 

同じようにジョギングを習慣としている人は大勢いますが、

 

この人は持続することができませんでした。

 

 

この失敗の原因は「毎日10キロのジョギング」という、

 

頑張り続けないと達成できない目標設定にあります。

 

 

普段ろくに運動をしない人が、毎日10キロ走ると言うのはあまり現実的ではありませんね。

 

達成のためには毎日相当な努力が必要になります。

 

 

人は何かを達成するときに、かなりの努力が必要だと思い込んでいるのですね。

 

 

そのため、「毎日1キロのジョギングをする。」

 

おそらくこの人は、これならすぐに達成出来てしまうと思うでしょう。

 

「相当な努力をして、ようやく達成できる目標でなければやる意味がない。」と考えます。

 

そして、「毎日10キロジョギング」というノルマを自分に課してしまう結果になったのです。

 

 

成果ではなく定着こちらに注目が必要になります。

 

 

では、習慣を定着させる方法の話しに移っていきたいと思います。

 

 

 

人は潜在意識で行動する

 

 

人間の行動の多くは潜在意識によって行なわれています。

 

 

潜在意識とは何か?

 

あなたが普段考えなくても自然行っている行動の多くは無意識に行っていると思います。

 

 

たとえば、「朝起きたら洗面所で顔を洗い、身支度をする。」

 

多くの方が毎朝無意識に行っている行動だと思います。

 

きっと毎朝起きる度に、わざわざ「あー、顔洗わなくちゃ」と考えて行動する人はいないでしょう。

 

 

これは、

 

 

朝起きる = 顔を洗う

 

 

という脳内のプログラムが自動的にあなたを動かしている訳です。

 

 

他にも日常のいろいろな行動を「あること」をキッカケに行っていると思います。

 

上記の例で言うと「あること」は「朝起きる」ことです。

 

 

つまり、あるキッカケで身体が次の行動を自動的に決めるという事ですね。

 

これは脳内の潜在意識のプログラムなので、あなたが意識をして行動する必要はありません。

 

 

 

 

潜在意識を味方に付けることで、困難なことでも自然と行なうことが出来るようになるのですね。

 

 

 

 

意識と潜在意識の関係

 

意識と潜在意識の関係を知る。

 

では、そもそも潜在意識とはどのようなものでしょうか?

 

人間の意識全体は氷山のように表すことが出来ます。(下図)

 

水面に出ている部分が僕たちが“意識”できている部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、水面下にある部分、つまり意識できていない部分が“潜在意識”です。

 

潜在意識とは、まさに心の奥底に潜んだ本能的な意識です。

 

自覚されることはありませんが、あなたの考え方や行動に大きな影響を与える部分です。

 

図からもわかりますが、“潜在意識”には“意識”の何倍ものパワーがあります。

 

このパワーによって人の行動が左右されているわけですから、意識的それを変えようとしてもなかなか上手くはいかないのですね。

 

一説によると、“潜在意識”のパワーは“意識”の20000倍以上と言われているそうです。

 

もしかすると、「潜在意識がそんなに強力なら、人は皆潜在意識によってオートマチックに動かされるままになってしまうではないか」と思われるかもしれませんね。

 

 

 

確かにその通りです。「わかっちゃいるけどやめられない」が起こるのもこのためです。

 

しかし、この潜在意識のプログラムは悪いことばかりではありません。

 

 

 

潜在意識に染みついているプログラムを良い方向に変更するで、潜在意識を味方に付けることが出来ます。

 

潜在意識を上手にコントロールすることで、今まで続けられなかったことを続けられるようになったり、直したい癖を直すことが出来るようになります。

 

 

 

潜在意識の発動メカニズムについて

 

 

人間の行動の多くは潜在意識によって行われることは既にお話ししました。

 

 

 

先ほどの「朝起きたら洗面所で顔を洗い、身支度をする。」

 

 

これも脳内のプログラムが自動的にあなたを動かしている訳です。

 

 

 

もちろん、なんでもあっという間に無意識に行えるようになると言うわけではありません。

 

 

初めのうちは、あなたが意識をして行動を行なわなくてはなりません。

 

 

習慣を定着させるためには、まず3週間続けてみましょう。
そして、それが3ヶ月続けば、ほぼ習慣となります。
習慣化してしまえば、あとは深く意識をしなくても身体が自然に次の動きを決めてくれます。

 

 

なので、最初から難しい目標に挑戦するのではなく、その目標に向けた行動を定着させるように努めます。

 

 

先ほどのジョギングの例で言えば、毎朝10キロではなく、毎朝1キロでも、300メートルでもいいです。

 

 

無理のない程度に毎日ジョギングをすることに意識を向けます。
ここで気を付けるのは、頑張り過ぎないという事です。
少し物足りない感じで「もうちょっと走りたいな」くらいで良いです。

 

 

これを3週間続ければ、毎朝走ることが「当たり前」になっています。

 

 

さらに「もうちょっと走りたい」くらいの感覚で続けていると、走ることが“快の感情”に結び付いてきます。

 

 

つまり、“楽しい・気持ちいい”といった感情を感じます。
初めの毎日10キロの時と比べ、正反対の感情が生まれてきます。
そして、それに合わせて自分のペースで2キロ、3キロと距離を延ばしていけばいいのです。

 

 

3ヶ月ほども経てば、毎朝ランニングシューズを履けば、自然と身体が決まったコースへ向けて走り始めるようになります。

 

 

 

これで、毎朝ジョギングという習慣が定着しました。

 

ジョギングに限らず、ブログの更新や読書などネットビジネスにおいて重要な行動にも応用できます。

 

 

「毎日ブログを更新する」という目標でなく「毎日パソコンの電源を入れる」などの、キッカケを定着させることにフォーカスしてみましょう。

 

 

そして、10分でも15分でも良いので毎日作業を行なうように心がけましょう。

 

 

 

 

僕の無料メルマガ講座でも、成功率を高めるノウハウやコツを赤裸々に特別公開しています。

 

 

こちらから参加できます。

↓  ↓  ↓

 

 

関連ページ

時間が無いという人ほど損をする?
サラリーマンは、自分の大切な時間を対価に変えているのに、気が付けば他人のために自分の時間を捧げている。
他力本願からの脱出
同じ先生同じ教材(ノウハウ)を 使用しても、成功出来る人と出来ない人が います。その決定的な違いは
ユーチューバーよりリスク少ないよ
最近の小学生の将来なりたい職業に 「ユーチューバー」がランクインしたと聞いて驚きました。しかし、ユーチューバーはネットビジネスの中のひとつのジャンルに過ぎません。他にもアフィリエイトやせどり、情報教材販売などもネットビジネスに含まれますね。
あなたのブログの目的、一目で分かりますか
あなたのブログの目的、一目で分かりますか? ブログのテーマは、その訪問者がブログを見たときに、内容を理解し、利用したいと思う理由をまっすぐに即座に伝えるものでなければなりません。
知識や経験を換金するには実は○○がとても重要
あなたは今までに「投資」をしたことがありますか。 株や証券、土地など、投資を言っても様々ありますね。 新しい物ではビットコインなどの仮想通貨も投資に含まれるのかもしれません。
諦めそうな時に読んで下さい。
僕も、ネットビジネスをしていると諦めそうになる時<はあります。ビジネスを始めたばかりの頃はとくに多く、そう思うものです。ビジネスを始めたばかりの頃というのは、今諦めても、「まだ戻るところがあるので大丈夫。」と思い、せっかく乗り掛かった舟を降りてしまいます。
ビジネスを長続きさせるヒントは漫画にあった?
僕がネットビジネスを教えた人たちを見ていても、順調に業績を伸ばす人は目標設定をしています。つまりゴールを設定をしているという事です。ただし、長続きする人は途中の段階から「サザエさんパターン」になっていきます。
壁を超える方法
人は誰でも、新たな挑戦へ一歩を踏み出す時に「恐れ」が生じます。想像や計画の段階ではワクワクしていたのに、いざ実行しようとするとなかなか踏み出せません。
モチベーションの低下を防ぐアドバイス
新たな目標を決めた当初は「やってやるぞ!」と気力に満ち溢れ、疲れも感じないような状態になるものです。しかし、その状態は残念ながら長くは続きません。モチベーションは下がってしまい、そのまま回復しない事のほうが多いです。
記事のネタに困らない方法
いいネタを出すには、常にアンテナを張って情報を集め、それをアイデアに変えていく。僕はネットビジネスに関するブログ記事を日々書いてはブログの更新を行なっています。僕はブログ記事でネタに困ったことはありません。なるべく質の高い、読み応えのある情報をお届けしたいので、1記事あたり1000字から2000字くらいで構成するように心がけています。
実はビジネスにとても重要?右利き左利きの不思議
アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピカソ、ベートーベン、ビルゲイツ、チャップリン・・・天才には左利きが多いと言われています。アメリカの研究論文には、大卒男性の場合、左利きは右利きに比べ給料が26%高いというデータがあったり、東大生の20%は左利き(全人口に対する左利きの割合は10%程度なので、およそ2倍)だと言われたりもします。
毎日、最も大切なことを1つ行なう
成果を出せる人とは、一つの事をしっかり完結できる人。限られた時間を効率よく使って仕事を進めるため、人それぞれ、いろいろと工夫をしていると思います。しかし、マルチタスクは逆に効率を下げるという話もあります。
「宇宙の大法則」をビジネスに活用するには?
売上を伸ばす人は活動時間の2割を自由時間にあてている。自然界には「8対2の法則」が存在していることをご存知ですか?・売上の8割は、顧客の上位2割が生み出している。・売上の8割は。商品のうちの2割の品目によって作られている。・仕事の成果の8割は、費やした時間の2割の時間が生み出している。・故障の8割は、部品の2割に原因がある。
あなたのブログ記事、実は○○されていない!?
ネットビジネスにおいて、ブログ記事とはいわばセールスマンです。つまり、記事を読んでもらえないことは、見込み客に門前払いをされたのと同じなのです。では、読者に最後まで読み進めてもらうためには?
ブログ訪問者の○○%は、実は記事を読んでいない!?
あなたが、相手の行動や心理状態を計算しながら作り、読めば確実に行動(購入や登録、クリックなど)をするように仕込んだ文章が、部分的にしか読まれていなければ・・・
あなたの記事に与えられた時間は○秒!?
ブログ記事の最大の目的は、記事を読んでもらうことです。そして、記事を読んだ人に行動をしてもらうことです。あなたは、記事の目的をはっきり理解していますか?僕が記事を書くときに一番悩むのが、第一段落です。
成功のカギは○○する力
あなたは今までに何かに挑戦して、失敗したことはありますか?人間なので、1度や2度の失敗は必ずあると思います。しかし、あなたはそこからもう一度挑戦をしましたか?実は成功のカギは・・・
投資額と利益の関係
人が投資を行なう理由の大部分は「自分へのメリット」です。さらに言えば、「お金」ですね。投資金額が大きければ利益も大きい。この関係は本当に成り立つのでしょうか?
成功に近いのはどっち?
世の中では、勉強や仕事、趣味など新しいことを始めるとき2タイプの人が存在します。ひとつはプロペラ機タイプ。もうひとつはジェット機タイプ。 あなたはどちらのタイプでしょうか?
僕がせどりを辞めた理由
ネットビジネス初心者が初めてでもチャレンジしやすいジャンルに「せどり」がありますね。 いわゆる転売ビジネスです。 僕も、この世界に飛び込んだ時に、最初に挑戦したのが「せどり」でした。コツを掴むまでは、なかなかうまくいきませんでしたが、それでも、月に数万円は稼いでいました。
物販アフィリエイトに人の○○を利用する。
人は皆、出来るだけ楽をして生きたいと思っています。 誰も好き好んで苦労をしたいとは思いませんよね。この心理はビジネスに利用することが出来ます。
みんな確率の高い方を選ぶ
この世の中に100%成功が約束されているものは存在しないのです。 パチンコを打っても、馬券を買っても、宝くじを買っても、100%当たるということはないのですね。 ですが、人はなるべく確率の高い方を選びたがります。 たとえば、サラリーマンとして働けばほぼ100%の確率で給料が貰えます。 なので皆、ほぼ確実に給料を貰えるサラリーマンを目指すわけです。 みんなが同じようにサラリーマンを目指すわけですが・・・

 
トップ 人生を取り戻すヒント プロフィール 初心者のために 無料メルマガ講座