このページの先頭へ

コピーライティングを極めるとどうなるか?

コピーライティングを極めるとどうなるか?

お金,稼ぐ,プロセス

 

 

アフィリエイトビジネスにおいて最強のスキルと言われる「コピーライティング」

 

 

なぜ、コピーライティングが最強のスキルを呼ばれるのか?

 

 

その正体について解説をしていきます。

 

 

 

僕はいつも、アフィリエイトを行う上で必ず習得しておきたいスキルとして、

 

 

コピーライティングを推奨しています。

 

 

 

 

 

価格競争に負けない

 

 

まず、商品を売ると言う事について考えます。

 

 

物を売る。

 

 

これが出来れば誰でもお金を稼ぐことができますね。

 

 

現在では、オークション以外にもフリマアプリなどがありますので、それを利用して商品を販売して利益を得る。

 

 

 

いわゆる転売ビジネスです。

 

 

この方法ははっきり言って誰でも手軽に行う事ができます。

 

 

コピーライティングのスキルも必要ありません。

 

 

しかし、この手法に必ず発生するのが、価格競争です。

 

 

 

例えば、同じ商品が2つ出品されていた場合、消費者は1円でも安い方を購入したいと考えます。

 

 

つまり、商品を確実に売りたい場合はライバルより低い値段設定を行なえば、

 

 

売れる確率はグッと上がる訳ですね。

 

 

 

ただ、商品が売れても利益は下がってしまう難点があります。

 

 

さらに、ライバルも同様に値段を下げ始めれば、価格競争の始まりです。

 

 

せどりや転売ビジネスの場合は、商品の値段をあなたが設定する事が可能ですが、

 

 

価格競争になり、利益が下がってしまうのは避けたいものですね。

 

 

 

 

では、アフィリエイトでも同様に価格設定で売上を向上できるのか?

 

 

答えはNOです。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトで売上を向上させる唯一の方法

 

 

アフィリエイトは企業などが扱う商品を紹介して、紹介料を貰うビジネスなので、アフィリエイター側で値段を設定する事はできません。

 

 

つまり、せどりや転売ビジネスのように価格を武器に戦うことが出来ないと言う事です。

 

 

 

では、価格以外で購入率を上げる方法、

 

 

 

それはセールストークです。つまり文章です。

 

 

そしてその文章で相手を説得するスキルこそがコピーライティングです。

 

 

察しの良いあなたならもうお気付きだと思いますが、値段で勝負が出来ない以上、僕らに残された武器は言葉で説得するしかありません。

 

 

 

この説得のスキルを身に付けずにアフィリエイトに挑戦しても、まとまった金額を稼ぐ事は難しいでしょう。

 

 

 

ですが、これはこのコピーライティングのスキルさえ身に付けること出来れば、ライバルのアフィリエイターと差を付けることができます。

 

 

そして、一度売れる文章を作ることができれば、ブログが存在する限り商品を販売し続けてくれます。

 

 

アフィリエイトの商品の価格は紹介案件を持つ企業側ですので、こちらの利益が変わることはありません。

 

 

さらに、商品の梱包・発送、その後のアフターサービスも企業側が行ってくれるので、僕らはただ売ることだけに専念できると言う事ですね。

 

 

 

つまり、アフィリエイターとして成功するためには、コピーライティングを極めれば成功は目の前と言えます。

 

 

 

 

お金,稼ぐ,プロセス

 

 

 

コピーライティングを極めるための学び方

 

 

コピーライティングの力について理解いただけたと思います。

 

 

では、そのコピーライティングはどのように習得すれば良いのか?

 

 

 

習得するのは難しいのでは?と考えられるかもしれません。

 

 

 

巷のブログなどは、コピーライティングを学ぶにはとくかく記事をたくさん書けば自然と身に付くとか、この本を読めば一発とか書いてありますが、

 

 

 

実はコピーライティングには決められた形があり、それに沿って文章を書くことで読み手の気持ちを動かし、商品購入へ繋げることができます。

 

 

他にも相手の感情を動かすのに利用する人間心理などを混ぜて書くことで、その効果はさらに増します。

 

 

 

 

世の中には「動かす側の人」と「動かされる側の人」が存在する

 

 

 

世の中には『人を動かす人』『人に動かされる人』の2種類の人が存在します。

 

 

 

そして前者の『人を動かす人』が2割、後者の『人に動かされる人』が8割の割合で存在します。

 

 

 

 

まず、全体の2割である『人を動かす人』

 

 

人を動かす人というのはいわゆる仕掛け人です。

 

 

 

政治家やマスコミ、CMなどを制作する広告会社、新聞や雑誌、企業経営者などです。

 

 

つまり人を動かす人というのは商売活動(利益優先の活動)を行なうすべての人ということですね。

 

 

政治家は選挙などで民衆を執拗に煽り、自分の思惑通りの方向へと誘導します。

 

 

広告会社はCMを通じて視聴者に定期的に商品を紹介し、消費者の脳内に商品を刷り込みます。

 

 

また、ファッション誌などでは意図的に作られた流行を発信し、人々を都合のいい方向へ誘導し販売を促進します。

 

 

 

例を挙げればきりがありませんが、この人を動かす人が使っている手法こそが、コピーライティングです。

 

 

 

意外でしたか?

 

 

 

ですが、政治家が民衆の前で話す内容は、民衆に自分の話しを理解してもらい自分を支持してもらう様に行動してもらう必要があります。

 

 

そのために、民衆の意に沿った話しをして民衆を説得します。

 

 

つまり、コピーライティングの技術です。

 

 

 

また、CMやファッション誌などでも同様です。

 

CMなどではキャッチコピーと言うものがあります。

 

 

 

「はやい、やすい、うまい」と聞けば、吉野家を思い浮かべます。

 

「1日5分聞き流すだけ」と言えば、そうです。スピードラーニングですね。

 

 

 

これは、言葉によって商品を強くイメージさせる戦略ですが、技術としてはコピーライティングになります。

 

 

ファッション誌などでも、今シーズンの流行カラーは「黄色」などと言って読者の購買意欲を向上させる手法に用いられます。

 

 

 

僕らもアフィリエイトと言うビジネスを行なう以上は、この人を動かす側になる必要があります。

 

 

そして、上記のように人を動かすのに使うテクニックがコピーライティングになります。

 

 

 

ビジネスの世界は喰うか喰われるか、やるかやらないかの2択しかありません。

 

 

もし、途中で感情に負けてしまうとビジネスを安定させることが出来なくなってしまいます。

 

 

それはすなわち、不自由な生活に逆戻りと言う事です。

 

 

 

 

 

 

次に全体の8割を占める『人に動かされる人』

 

 

人に動かされる人とは簡単に言えば、与えられるのひたすら待つ受け身の人です。

 

 

 

つまり、与えてもらうという選択肢しか知らず、自分の頭で考えて行動に移すことが出来ない人が結果的に人に動かされる人になるのです。

 

 

例えば、最新のスマホの発売日に即購入したり、ファッション誌を見ては洋服屋に駆け込んだりと・・・

 

 

CMなどで好きな芸能人が言う魅力的なキャッチコピーなどの巧みな仕掛けに翻弄され、あっちこっちに思考を振り回されて、結果的に自発的にお金を支払うようになる。

 

 

 

自分で納得してお金を払っているように感じるかもしれませんが、これらはすべて仕掛け人に意図的に動かされた結果です。

 

 

そして、人に動かされる人は自分で考えずに与えられるの待っているせいか、被害者意識が強い傾向があります。

 

 

 

何かあれば「国の政策が悪い」「給料をもっとよこせ」「こんな目にあっているのは、景気が悪いからだ」「あいつのせいで俺は成功できないんだ」「宝くじを当てて人生変えてやる」などと自分の人生を他人に丸投げし、他力本願のまま生涯を終えてしまうのです。

 

 

 

そのような人というのは、基本的にいつもお金に困っています。

 

 

なぜなら、いつも人に動かされているのでお金を自分の意志で管理できないのですね。

 

 

 

 

僕も以前は人に動かされる側の人間でした。

 

 

1ヶ月をなんとか生活できる程度の微々たる給料をもらい、その中から言われるがままにお金を支払い、人生の被害者として過ごしていた時期がありました。

 

 

日本がこのようになってしまったのには、国としての仕組みに原因があります。

 

 

・良い学校へ行き

 

・良い会社へ就職し

 

・40年以上働き続け

 

・老後は少ない年金とバイトで細々と暮らす

 

 

 

この仕組みを作り、国民にこんな生活を強いているのは、他ならない仕掛け人である国なのです。

 

 

学校では、徹底的に集団行動を植え付けられ、社会では皆と同じ方向に歩き、出る杭は打たれる完全年功序列の世界が出来上がり、毎日、決まった時間に起きて、決まった電車に乗り、決まった場所へ、決まった時間に行き、1日決まった仕事をして、決まった家に帰り、決まった時間に寝る。

 

 

そして毎月同じ金額の給料が渡され、その範囲内で必死に切り詰めて生活を行なう。

 

 

その40年以上も繰り返される生活を何の疑いもせずに送り、ようやく65歳の定年を迎えて人工的な自由が手に入いる。

 

 

しかし、ようやく与えられた自由も長年に渡ってムチを打ち続けた身体には自由とは程遠い生活が待っているのです。

 

 

 

「人に動かされる人」にはこの繰り返しの毎日と無刺激の人生を、「人を動かす人たち」によって歩まされているのです。

 

 

「人を動かす人」「人に動かされる人」によって利益を得ている。

 

 

 

これが世の中のお金の流れの正体です。

 

 

 

「そんなのおまえの妄想だろ!」と思われたかもしれませんが、あなたも見たことがあるかもしれませんが、平日の昼間から部屋着のような格好で大金を使う若者や昼間から高級車を乗り回し高級レストランでご飯を食べている人、人に動かされる人たちはこのような人を見ると「金持ちのぼんぼんは昼間からいいな、こっちは必死に働いているのに」と思うでしょう。

 

 

もちろん、本当にただのぼんぼんと言う事もありますが、その中には人を動かす側の人が必ず混ざっています。

 

 

それはお金の知識を突き詰めると必然的に心理学に行き着く事を彼らが熟知しているからに他なりません。

 

 

つまり、本当の金持ちは人の心の動かし方(人間心理)を熟知しているのですね。

 

 

 

 

 

・・・と、ここまで読んでみていかがでしたでしょうか?

 

 

少しでも、あなたの心に刺さりその考え方に共感できる。と思われたのであれば、

 

 

僕に人の心を動かすコピーライティングのスキルが備わっているという事なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

この続きは、メルマガ会員限定で僕の無料メルマガ講座の中でお話ししています。

 

 

アフィリエイトで不自由な生活から抜け出し、

 

生活に必要な分のお金を稼ぐ方法を公開中です。

 


不自由な生活から抜け出すための無料メルマガ講座のご案内



こちらから今すぐ無料で参加できます。

↓  ↓  ↓



ネットビジネスで不自由な生活から抜け出すための

無料メルマガ講座【フリースタイル ライフ プロジェクト】



ご入力頂いた情報は厳正に管理し丹羽理史からの

情報提供以外の目的には使用いたしません。

また、外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。



メルマガ講座の内容はこちらから確認できます。

↓   ↓   ↓

お金,稼ぐ,プロセス





初めてブログを訪れた方はまずこちらをチェック

初心者の方 必見 ここから始めるネットビジネス

このブログの目的や、使い方の概要を説明しています。

関連ページ

一生お金に困らない決定的なスキルとは
アフィリエイトにおいて最強と言えるスキルがあります。しかし、多くのアフィリエイターはそれに気づいていません。文章で人の心を自在に動かすことのできるスキルとは?

 
トップ 不自由な生活からの脱出術 プロフィール 無料メルマガ講座